oracle

SQLclのインストール

2021/12/04追記 2021/07/01にあたらしいバージョン(21.2)がリリースされていたようです。早速インストールしてみましたが以下作業手順で問題なしです。以前はOTNへログインしないとダウンロードできませんでしたが現在はログインしなくとも誰でもダウンロードできます
https://www.oracle.com/jp/tools/downloads/sqlcl-downloads.html

SQL*Plusを初めて使った時、誰もが「なんて使い辛いんだ!」と思った事でしょう。しかしこの(後継機能と思われる)SQLclは随分よくなったようです。Javaで動作しているので、ログインした時など少し「もっさり」感じますが、個人的には、こちらに乗り換えてもOKです。SQL*Plusで最も不満であった、結果セットの表示レイアウトが「なかなか思うようにいかない」件も、ほぼ「set sqlformat ansiconsole」で解決します。では早速インストールへ

概要

  1. インストールフォルダを用意する
  2. SQLclのダウンロード
  3. ダウンロードファイルの解凍とインストールフォルダへ配備
  4. binフォルダをPathへ登録
  5. 接続確認
  6. おまけ

インストールフォルダを用意する

今回自分は以下フォルダを用意しました

C:\tools\sqlcl

SQLclのダウンロード

以下からダウンロード

https://www.oracle.com/jp/tools/downloads/sqlcl-downloads.html

ただし、ここはOTN(Oracle Technology Network)にメンバー登録(無料ですよ)しないとダウンロードできません。(Oracleクライアントのパッケージにツールの一つとして加えたらいいと思うんですけどね、、)

ダウンロードしたファイルを解凍する

解凍するとsqlclというフォルダの中に以下が含まれていますので、自身のインストールしたいフォルダに適宜移動してください。

当方は上記事前に用意したファルダに配備しました。

C:\tools\sqlcl

binフォルダをPathに新規追加する

当方の環境では以下のようになります。

接続確認

sqlclと叩きたくなりますが、そうではありません(笑) 「sql」です。sqlplusを使っていたなら、それをsqlに変えるだけで利用できます。当方環境では以下の通り繋がりました。 もし、Javaがインストールされていない環境でしたら、このタイミングでJavaダウンロードページに飛ばされてダウンロード&インストールを求められるので従ってください。

おまけ

そして何より、これだけは覚えてほしいのが以下です。接続したらまずこれを叩きましょう。これでとりあえず、の見た目はよくなります。sqlplusで何かと表示崩れで苦労していた件はほぼ解決してくれます。

 set sqlformat ansiconsole

おしまい。

スポンサーリンク
コピペで使う