動的パフォーマンス・ビュー

V$SESSION 現在のセッション情報を確認する

「なんかおかしいから見てよ!」とか「ぜんぜんSQLが返ってこない!」とか言われてとりあえず、どんな状況なのかまずはV$SESSIONをとっかかりとして、見たくなります。いろいろ動的パフォーマンス・ビューを結合していますので以下簡単に解説します

V$PROCESS 現在アクティブなプロセスを確認できる。ADDRをキーにV$SESSION(PADDR)と結合できます
V$TRANSACTION 現在進行中トランザクションを確認できる。SES_ADDRをキーにV$SESSION(SADDR)と結合できます。
V$TEMPSEG_USAGE

一時セグメントをどのように使っているか確認できる。SESSION_ADDR+SESSION_NUM をキーにV$SESSION(SERIAL# +SADDR)と結合できます。order by やdistinct 等がPGA内だけで収まっている内は良いのですが、PGAだけで賄いきれなくなると一時表領域(一時セグメント)が利用され始めます。当然利用されると遅くなるので観察が必要です。

以下例はRAC環境を想定しGV$を利用しているのでINST_IDを意識して結合していますが、シングル環境においてもそのまま利用可能です。

select 
 sysdate as snap_date
,a.INST_ID
,a.SID
,a.SERIAL#
,a.TYPE
,a.MODULE
,a.ACTION
,a.SCHEMANAME
,a.COMMAND
,c.COMMAND_NAME
,a.SQL_ID            -- 現在実行中SQL
,a.SQL_CHILD_NUMBER  -- 現在実行中SQL
,a.PREV_SQL_ID       -- 最後に実行したSQL
,a.PREV_CHILD_NUMBER -- 最後に実行したSQL
,a.STATUS
,a.LAST_CALL_ET -- 今の状態になってからの経過時間
,a.SQL_EXEC_START
,trunc((sysdate - a.SQL_EXEC_START) * 24 * 60 * 60,2) as "秒"  --実行し続けている時間 
,r.SES_ADDR -- トランザクション発生中
,a.LOCKWAIT -- 待機しているロックアドレス(ロックがない場合NULL)
,a.WAIT_CLASS  -- 待機イベントクラス
,a.EVENT
,a.PROGRAM
,a.TERMINAL
,a.MACHINE
----- 一時セグメントを利用しているか
,u.TABLESPACE
,u.SEGTYPE  -- 一時セグメントの種別
,u.BLOCKS   -- 割り当てられたブロック数
--PGA情報
,p.PGA_USED_MEM     --現在使用中のPGA
,p.PGA_ALLOC_MEM    --現在割り当てられているPGAメモリ
,p.PGA_FREEABLE_MEM --解放できる割当済みPGAメモリ
,p.PGA_MAX_MEM      --割り当てられた最大PGAメモリ
--,s.USERS_OPENING
--,s.USERS_EXECUTING
--,s.EXECUTIONS
--,s.ROWS_PROCESSED
--,s.ELAPSED_TIME
--,s.CPU_TIME
--,s.FETCHES
--,s.SORTS
--,substr(s.SQL_TEXT,1, 128) as sql_head
from 
gv$SESSION a
left outer join gv$process p
on a.INST_ID = p.INST_ID and a.PADDR = p.ADDR
--inner join gv$sql s
--on a.SQL_ID = s.SQL_ID
--and a.SQL_CHILD_NUMBER = s.CHILD_NUMBER
--and a.INST_ID = s.INST_ID
left outer join gv$transaction r
on a.SADDR = r.SES_ADDR and a.INST_ID = r.INST_ID
left outer join gV$TEMPSEG_USAGE u
on a.SADDR = u.SESSION_ADDR and a.SERIAL# = u.SESSION_NUM and a.INST_ID = u.INST_ID
left outer join v$sqlcommand c
on a.COMMAND = c.COMMAND_TYPE
where 1 = 1
and a.TYPE = 'USER'
--and a.SQL_ID='b0xxxxxxxxxgy' or a.PREV_SQL_ID ='b0xxxxxxxxxgy'
--and a.status = 'ACTIVE'
order by a.INST_ID,a.STATUS,a.SQL_EXEC_START 
;

次にV$ACTIVE_SESSION_HISTORY です。V$SESSIONは「今」の状態ですが、 V$ACTIVE_SESSION_HISTORY はSGAにASH用のバッファが確保されており、ここの容量が許す限り保持されているので1時間程度残っている模様、、。(当然インスタンス再起動するとクリアされる)OracleにはASH(Active Session History)といって、V$SESSIONで見れる情報を過去数日(デフォルト8日)SYSAUX内に保持していて、これら情報を確認できるのがDBA_HIST_ACTIVE_SESS_HISTORYです。

SELECT 
 h.INST_ID
,TO_CHAR(h.SAMPLE_TIME, 'YYYY/MM/DD HH24:MI:SS') SAMPLE_TIME
,h.SQL_ID
,h.SESSION_STATE
,h.EVENT
,h.WAIT_TIME
,h.TIME_WAITED
,a.EXECUTIONS
,a.ELAPSED_TIME
,h.SESSION_ID
,h.SESSION_SERIAL#
,substr(t.SQL_TEXT,1,40) SQL_TEXT
,h.PROGRAM
,h.MODULE

FROM GV$ACTIVE_SESSION_HISTORY h
LEFT JOIN gV$SQLSTATS t ON 
h.SQL_ID = t.SQL_ID
and h.INST_ID = t.INST_ID
left outer join gv$sqlarea a on h.INST_ID = a.INST_ID 
and h.SQL_ID = a.SQL_ID
--where t.SQL_ID='dg08q3ykac36s'
where h.MODULE ='JDBCTest6'
 ORDER BY h.SAMPLE_TIME desc
;
スポンサーリンク
コピペで使う