動的パフォーマンス・ビュー

V$INSTANCE インスタンスが起動してからの経過時間を確認する

V$INSTANCE

GV$INSTANCEを参照する事でそれぞれのインスタンスの起動してからの経過時間を確認できます。他にもバージョンやエディション、アーカイブログモードでの動作なども確認できます。個人的には「複数インスタンスが起動しているのか」を手っ取り早く確認する事に使っています(この場合GV$IINSTANCEでないといけませんね)。この動的パフォーマンスビューへアクセスできない場合はSELECT_CATALOG_ROLEを権限付与してください。

確認SQL
select INST_ID,INSTANCE_NUMBER,INSTANCE_NAME,HOST_NAME,VERSION,EDITION
,PARALLEL,ARCHIVER,STARTUP_TIME
from GV$INSTANCE
order by INST_ID
;
確認SQL実行例

以下はRAC環境ではないので1行しかでていませんが、RAC環境で複数インスタンスが上がっている場合複数行出てきます。またPARALLEL項目がYESとなります。

INST   INSTANCE
  ID     NUMBER INSTANCE_NAM HOST_NAME  VERSION          EDITION  PARA ARCHIVER STARTUP_TIME
---- ---------- ------------ ---------- ---------------- -------- ---- -------- -------------------
   1          1 orau8        vm013      12.1.0.2.0       EE       NO   STARTED  2021-12-20 22:38:06

SQL>
SQL*Plus用
set lin 200
col instance_name for a12
col host_name for a10
col VERSION for a16
col edition for a8
col archiver for a8
col inst_id FORMAT 99
col INSTANCE_NUMBER heading 'INSTANCE|NUMBER'
col INST_ID heading 'INST|ID'
col PARALLEL for a4
スポンサーリンク
コピペで使う