データ・ディクショナリ

Oracle トリガー一覧

DBA_TRIGGERS

DBA_TRIGGERSそ参照する事でトリガー一覧を確認できます。dba_usersと結合しているのはシステム提供トリガーを対象から外すためです。
※dba_users.common=’NO’ としているのはシステムがデフォルトで作成しているユーザを外すためです。当項目は12c以降のバージョンで追加されています。

トリガー一覧出力SQL
select t.OWNER,t.TRIGGER_NAME,t.STATUS,u.USERNAME
,t.TRIGGER_TYPE,t.TABLE_OWNER,t.BASE_OBJECT_TYPE,t.TABLE_NAME
 from DBA_TRIGGERS t inner join dba_users u on t.OWNER = u.USERNAME and u.COMMON='NO'
order by t.OWNER,t.TRIGGER_NAME
;
実行例

OWNER      TRIGGER_NAME     STATUS     USERNAME       TRIGGER_TYPE   TABLE_OWNE BASE_OBJECT_TYPE TABLE_NAME
---------- ---------------- ---------- -------------- -------------- ---------- ---------------- --------------------
DABADA     LOGOFF_TRIG      ENABLED    DABADA         BEFORE EVENT   SYS        DATABASE
DABADA     LOGON_TRIG       ENABLED    DABADA         AFTER EVENT    SYS        DATABASE
DABADA     MNT_DDL_TRIG     ENABLED    DABADA         BEFORE EVENT   SYS        DATABASE

SQL>
SQL*Plus用
SET LIN 300
COLUMN OWNER FORMAT A10
COLUMN TRIGGER_NAME FORMAT A16
COLUMN STATUS FORMAT A10
COLUMN USERNAME FORMAT A14
COLUMN TRIGGER_TYPE FORMAT A14
COLUMN TABLE_OWNER FORMAT A10
COLUMN BASE_OBJECT_TYPE FORMAT A16
COLUMN TABLE_NAME FORMAT A20

トリガーの無効化と有効化

トリガーのソース(DDL)を確認するには

スポンサーリンク
コピペで使う