oracle

Oracle 初期化パラメータの変更

初期化パラメータ変更 ALTER SYSTEM SET

alter system set temp_undo_enabled = true scope = memory
;
No.スコープ解説
1MEMORY現在立ち上がっているインスタンスでのみ有効(SPファイルへは書き込まないので、次の再起動では変更前の値に戻る)
2SPFILESPファイルへの書き込みのみ行う。設定値が反映されるのは次の再起動後となる。
3BOTH未設定の場合(かつSPFILEを採用している場合)はBATHがデフォルトです。
現在立ち上がっているインスタンスとSPファイル両方を書き換える。
スポンサーリンク
コピペで使う