Docker

Dockerコンテナの作成 docker container create

container create

Dockerイメージからコンテナを作成します。作成したコンテナはdocker ps -a で確認できます。

コマンド解説
docker container create [オプション] イメージ名
具体例

以下はPowershellからの実行を想定したものです

docker container create --name pos153cont `
-v D:\docker\post153\pgdata:/var/lib/postgresql/data `
-e POSTGRES_DB=udondb `
-e POSTGRES_USER=postgres `
-e POSTGRES_PASSWORD=pospass `
-p 5432:5432 `
myposgreimage
オプション解説
  • –name で作成するコンテナの名前を指定します。
  • -v で永続化の対応をします。今回はバイトマウントという方法でホスト側のディレクトリとDocker側のディレクトリを共有する事が永続化を実現しています。上記例では、Docker側の/var/lib/postgresql/data をホスト側のD:\docker\post153\pgdataへマッピングしています。
  • -e で環境変数を指定します。
    今回の例はPostgreSQLのコンテナ作成の例なので、詳細は以下を参照してください
    https://hub.docker.com/_/postgres
  • -p でポートを指定します。
  • 上記例での「myposgreimage」はコンテナ作成する元イメージの名前です
実行例
post153 >> docker container create --name pos153cont `
>> -v D:\docker\post153\pgdata:/var/lib/postgresql/data `
>> -e POSTGRES_DB=udondb -e POSTGRES_USER=postgres -e POSTGRES_PASSWORD=pospass `
>> -p 5432:5432 `
>> myposgreimage
1982ccf4285ca11f98a906721ba5cc2872c1d3c843fd91a2fc19966cf3eab565
post153 >> docker ps -a
CONTAINER ID   IMAGE           COMMAND                  CREATED          STATUS    PORTS     NAMES
1982ccf4285c   myposgreimage   "docker-entrypoint.s…"   12 seconds ago   Created             pos153cont
post153 >>

コンテナの削除は docker rm

実行例
post153 >> docker ps -a
CONTAINER ID   IMAGE           COMMAND                  CREATED        STATUS                    PORTS     NAMES
7238ef3503d9   myposgreimage   "docker-entrypoint.s…"   46 hours ago   Exited (0) 45 hours ago             pos153cont
post153 >> docker rm pos153cont
pos153cont
post153 >> docker ps -a
CONTAINER ID   IMAGE     COMMAND   CREATED   STATUS    PORTS     NAMES
post153 >>

create したコンテナは以下で起動します

コンテナの作成と実行を一気に行うには以下です

スポンサーリンク
コピペで使う
タイトルとURLをコピーしました