データ・ディクショナリ

Oracle 表領域の役割

OSのデータファイル>>表領域>>セグメント(テーブル/インデックス)という関係になりますのでDB内のテーブルがどの表領域に格納されている事がわかれば、OSが管理するどのファイルに存在するのかがわかります。(TEMP表領域だけは、「一時ファイル」で構成されます。どちらもOS下で管理される物理ファイルですが、その他の表領域に使われる「データファイル」とは内容が異なります。データファイルはDBA_FREE_SPACEで使用可能領域(エクステント)が確認できますが、一時ファイルはこちらには存在しません。このあたりからもデータファイルとは異なる事が感じられます)

表領域にはいくつかの種類がありそれぞれ役割が決まっています

表領域には大別して5つの表領域があります。基本以下5つの表領域はデフォルトで作成されて、主な役割は以下の通りです。

1 SYSTEM表領域 各種データディクショナリや監査証跡がデフォルトで格納される。
2 SYSAUX表領域 AWRの情報やASH(Active Session History)、SPMのベースラインデータが格納される
3 UNDO表領域 トランザクションがコミットされるまでのロールバックデータが格納される。(シングルブロックでのアクセスしかできない点注意)
4 TEMP(一時)表領域 order by句や、group by句で一時的に利用される領域。通常はPGAが利用されるけれどここで賄えない場合この領域が利用される。(そうなると当然遅くなる)
一時的なデータが入るだけなのでバックアップの対象外(RMAN)
5 USERS表領域 一般ユーザのデフォルト表領域として指定されている。通常システム構築をする場合「ユーザ表領域」として利用目的に合わせて新たに表領域を追加して運用します。

DBA_TABLESPACESを参照して確認します

表領域一覧出力SQL
select tablespace_name,block_size,contents,logging,status,segment_space_management,extent_management
from DBA_TABLESPACES
;
表領域一覧出力例
SQL> select tablespace_name,block_size,contents,logging,status,segment_space_management,extent_management
  2  from DBA_TABLESPACES
  3  ;

TABLESPACE_NAME  BLOCK_SIZE CONTENTS   LOGGING    STATUS   SEGMENT_SPAC EXTENT_MANAGEMENT
---------------- ---------- ---------- ---------- -------- ------------ -----------------
SYSTEM                 8192 PERMANENT  LOGGING    ONLINE   MANUAL       LOCAL
SYSAUX                 8192 PERMANENT  LOGGING    ONLINE   AUTO         LOCAL
UNDOTBS1               8192 UNDO       LOGGING    ONLINE   MANUAL       LOCAL
TEMP                   8192 TEMPORARY  NOLOGGING  ONLINE   MANUAL       LOCAL
USERS                  8192 PERMANENT  LOGGING    ONLINE   AUTO         LOCAL
TBS01                  8192 PERMANENT  LOGGING    ONLINE   AUTO         LOCAL
TBS02                  8192 PERMANENT  NOLOGGING  ONLINE   AUTO         LOCAL

7行が選択されました。

SQL>
SQL*Plusでの表示用
set lin 200
COLUMN TABLESPACE_NAME FORMAT A16
COLUMN CONTENTS FORMAT A10
COLUMN LOGGING FORMAT A10
COLUMN STATUS FORMAT A8
COLUMN EXTENT_MANAGEMENT FORMAT A17

表領域はデータファイルで構成されます

表領域の空き状況を調べる

スポンサーリンク
コピペで使う